HMBの効果や飲み方・副作用を詳しく解説

 

HMBとはアミノ酸の一種のロイシンを摂取すると体内で生成されるアミノ酸の一種です。この物質の正式名称は『β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸』といい、運動で筋肉が分解するのを抑制する効果があり、筋肉合成を促進する効果があります。

 

HMBが発見されたのは1996年と比較的新しく、プロテインやBCAAと比べると歴史が浅く日本で販売が解禁となったのは2010年となっています。しかし、その効果の絶大さからボディビルダーやアスリートに好まれています。

 

HMBにはどの様な効果があるのか?

 

HMBは運動によって筋肉のタンパク質を分解することを抑え、筋肉の成長を促進する効果があります。筋肉の分解する割合を少なくなることにより、筋肉を大きくする効果もあります。

 

運動によって筋肉が大きくなるのは分解した筋肉が更に強く大きくなって再生するから。HMBはまさに筋トレをする人にとってピッタリの成分と言えるでしょう。BCAAのように筋肉の素材になるのではなく、筋肉を作るための補助エンジンとしての役割があり、臨床実験でもその効果が確認されています。

 

HMBの適切な摂取量

臨床実験の結果によると、理想的なHMBの摂取量は一日3g。これより多くても少なくても効果が薄くなってしまいます。パーフェクトボディHMBの推奨摂取量は4粒〜8粒。

 

4粒で1500mgのHMBが摂取できるパーフェクトボディHMBですので、8粒で3g。それ以上の摂取は逆効果になりますし、当然サプリメントの減りも速くなってお財布にも悪影響なので何も良いことはありませんよね。

 

HMBを摂取するタイミング

 

ベストなタイミングはプロテインなどと同じく運動前、運動中、運動後の摂取がいいとされています。個人的にいいと思ったタイミングは運動の30分前に飲むことで胃の消化が終わって小腸に入って養分の吸収が行われながら運動できるので筋肉の分解を最も抑えやすいと思います。
運動しない日は食後の摂取が最もいいです。食事の吸収で胃や腸が活発なので吸収効率が高くなります。出来るだけ小分けにして飲むのが理想的のようですが、仕事の関係でなかなか難しいので、運動しない日は夜にまとめて飲むようにしています。成長ホルモンが分泌される就寝時。それに一番近い夕食後での摂取が一番有効だとプロトレーナーの友達に教わりました。

 

HMBの副作用は?

HMBは食品を摂取することで体内で生成されるアミノ酸。適切な摂取量を守っていれば副作用の心配はありません。上記のように最適な摂取量が3gと決まっており、飲めば飲むほど効果があるといった成分ではありません。

 

そのため、不必要な量の摂取する必要性はありませんし、結果として副作用のリスクも抑えられるのでは無いでしょうか。

 

ただし服薬中の方は医師の診断を仰いた上で摂取するようにしましょう。他のサプリメントとの組み合わせで副作用を生じる可能性は低いですが、効果の強い医薬品であれば別問題ですので、その点だけご注意下さい。

 

⇒パーフェクトボディHMBの詳細が分かるTOPページはこちら