パーフェクトボディHMBの副作用は?

 

パーフェクトボディHMBは健康食品。そのため医薬品は違い副作用の心配はありません。ただし、過度な摂取を行った場合は副作用の可能性もありますので、メーカーの推奨摂取量である4粒〜8粒を守るようにしましょう。

 

HMBが最も効果を発揮する摂取量は1日3gなので、4粒で1500mgのHMBが摂取できるパーフェクトボディHMBを8粒以上摂取しても逆効果になってしまいますし、サプリメントの消費も早くなってしまうから良いことは何もありませんけどね。

 

パーフェクトボディHMBとプロテインや他のサプリメントとの併用について

また、プロテインや他のサプリメントと組み合わせても、副作用の心配はまずないでしょう。医薬品同士の組み合わせなら慎重に考えないといけませんが、健康食品同士の組み合わせであれば、それぞれの摂取量を守っていれば何も問題はありません。

 

友人のトレーナーはプロテインはもちろん、クレアチンやアミノ酸、ペプチドなどという聞き慣れないサプリメントも併用しているとの事でした。HMBはいうなれば筋肉を大きくするためのスイッチのような役割をしますが、プロテインは筋肉の原料となります。

 

そのため、併用することで更に効率的に筋肉を付けることが出来るようですが、プロテイン挫折組の私はパーフェクトボディHMBだけで十分。溶かして飲んでシェーカー洗うのってかなり面倒ですからね。プロテインを準備して片付けもしてくれる嫁さんでもいれば別ですが…。

 

また、アミノ酸の一種であるクレアチンはHMBと一緒に摂取すると効果が上がります。筋肉を増やす働き、瞬発力をアップするような効果が期待できるクレアチンは、オリンピック選手やボディビルダーに愛用されているサプリメントで、HMBよりもその歴史は古いです。

 

パーフェクトボディHMBにはクレアチンは含まれていないので、追加で摂取してみるのも一つの方法かも知れませんね。いずれにせよ我々素人に出来る程度の併用であれば副作用の心配はありませんので、適切な摂取量を守る事だけを意識して、サプリメントを飲みましょう。

 

⇒パーフェクトボディHMBの詳細が分かるTOPページはこちら